So-net無料ブログ作成

刑事コロンボって聞いて思い出すものは顔?声? [随想的妄想]

「刑事コロンボ」ピーター・フォークさんが83歳で死去
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110625-00000003-flix-movi

ピーター・フォークさんがなくなったそうだ。
ちょうど先日、Skypeで話しているときに話題に出た。
相手は、フィンランド人の女性だが、
彼女曰く、自分たちは大量の英語のTV番組やドラマ、音楽に囲まれて育つから
少なくとも聞き取りに関しては英語力がついていると。

私はなるほどな~と思った。
「日本にはたくさんの素晴らしいボイスアクターがいて、英語オリジナルじゃなくて
日本語でほとんどの作品に触れることが出来るんだ」って。
(ちょっと日本語版のコロンボのまねをして見せて(笑))

日本の人口は1億2,3千万人。
これは巨大なマーケットである。
日本語は日本でしか通じないが、1億を超える先進国の人間が使っているのだから
ビジネスとしてはかなり大きな市場である。
だからこそ、日本だけで完結できるコンテンツ産業も生まれたのだろう。
声優もしかり、アニメも漫画もしかり。
「ガラパゴス化」と揶揄される携帯電話の例にあるような、
閉鎖的で極端な独自性も問題点としてあるが、
何事も二面性を持つ。

日本の独自のコンテンツは、いろいろな要因が重なった結果だが、
日本はいかにこれらを財産として、文化として蓄積していけるか
早急な戦略が必要だろう。

プレミアムブラックシャンプー
プレミアムブラックシャンプー 薄毛・抜け毛の最終手段!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。